有田眼科

  • 文字サイズ

    標準
    拡大
  • お問い合わせ
    交通アクセス
  • ご予約は不要です
  • 092-707-2132
  • 新着情報

    News topics

2020.10.12スタッフブログ

「たかが涙、されど涙!」

 涙が多く出る状態のことを眼科では流涙症といいます。流涙症の原因は、ドライアイによる黒目の傷、アレルギーなどによる結膜炎、白目の皮の弛み(結膜弛緩症)、鼻涙管という涙の通路(涙道)の閉塞など多岐にわたります。「最近、涙が多いが別に見えづらいわけでもないので、涙は放っておこう」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、それは少し危険かもしれません。「たかが涙、されど涙!」、「涙が出るだけだから気にしないでおこう」といって涙の治療をせずに放置してしまうと大事な病気を見逃すことがあるかもしれません。
 白内障手術と違い、涙目の検査や治療はやや痛みを伴うことがあるため、麻酔下での検査や治療が必要となります。涙が多く出ること自体は視力に影響することがなく、患者さんも痛みを感じるので、基本的には涙の治療は目薬などで様子をみることが一般的です。
 しかし、この文献で示されているように、涙道閉塞を伴う涙目に対して行なった涙嚢鼻腔吻合術という治療を受けた878名の患者さんの内、13名(1.48%)の患者さんに涙囊腫瘍が見つかっています。そのうち9名が悪性リンパ腫、2名が扁平上皮癌であり、発見された涙嚢腫瘍のうち84.6%と高率で悪性腫瘍であったことがわかります。涙嚢鼻腔吻合術を100人の患者さんに行うと、そのうち必ず1人は涙嚢腫瘍が潜んでいるということです。かなり多いですね。
 この論文が示している数字をみると「涙が出たりするだけなので放っておいて大丈夫だろう!」と安易に考えるのは少し危険かもしれませんね。流涙症の患者さんの中に、悪性腫瘍が隠れているのです。「たかが涙、されど涙!」、最近涙が異常に多いと感じた際は検査を受けるようにしてください。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31520115/
 

Copyright © ARITA EYE CLINIC All Rights Reserved.

PAGE TOP