有田眼科

  • 文字サイズ

    標準
    拡大
  • お問い合わせ
    交通アクセス
  • ご予約は不要です
  • 092-707-2132
  • 医師・実績紹介

    Results

  • HOME
  • 医師・実績紹介
  • ごあいさつ

ごあいさつ

  • 一人一人のニーズに合わせた、誠実な医療を心がけております。

2017年11月 福岡市中央区小笹に「有田眼科」を開院させていただきました。これまでは、主に大学病院で最先端医療や急性期医療に携わり、白内障、緑内障、網膜硝子体疾患、眼腫瘍、涙道疾患など眼科領域のあらゆる疾患に対応できる臨床力・技術力を習得してきました。これまでの経験を活かし、質の高い医療を提供すると共に地域の方に愛される「かかりつけ医」として「患者さまに寄り添える」診療を心がけてまいります。

当院で一番大切にしていることは、「患者様のことを第一に考える」ことです。必ず「もし自分が患者様の立場であれば、どのような検査や説明・治療をしてもらいたいだろうか?」と自問自答しながら診療するようにしています。「眼の病気がないかしっかり調べて欲しい」「仕事が忙しいのでなるべく診察間隔をあけて欲しい」「点眼が上手にできないので薬を多めに処方して欲しい」など、患者様のライフスタイルや要望は様々です。同じ病気を同じように治療するのではなく、患者様とのコミュニケーションを大事にして、一人、一人の患者様のライフスタイルやニーズにできるかぎり寄り添うことができるような診療を心がけています。

また、患者様が眼のことで悩んでいらっしゃる時に、「気軽に立ち寄って相談できる」雰囲気づくりも大事にしています。建物の外観や内装は明るい優しい雰囲気になるように設計しています。また、当院の基本理念である「透明性のある医療」を実践するために、各所にモニターや窓を設置し、患者様がご自身の診察内容や手術を「見る」ことができるようにしています。

「透明性のある医療」を実践することと同じくらい大事なものは、「診断能力」「技術力」「最新の医療知識に精通している」ことだと思います。医療の世界では5年も経つと、それまでの医療技術や知識がまったく通用しなくなってしまいます。学会活動や海外論文を通じて最新の情報や技術を積極的に取り入れ、その時の最良の医療を提供できるように心がけています。

患者様が「有田眼科」から帰られるときに「この病院に来て良かった」と思って頂けるような病院になるように、「有田眼科」ではこれらのことを実践しながら心のこもった診療を行っていきます。

免許・資格

  • 医師免許

    日本眼科学会専門医

    医学博士(九州大学)

    多焦点レンズ先進医療認定医

    AMO社 イントラレーザー認定医

    水晶体嚢拡張リング認定医

    緑内障iStent認定医

    視覚障害者補装具適合判定認定医

  • AMO社 VISXエキシマレーザー認定医

    身体障害者福祉法第15条指定医

    ボトックス認定医(眼瞼痙攣、斜視)

    オルソケラトロジー認定医

    小児慢性特定疾病指定医

    労災指定医

    難病指定医

    羊膜移植認定医

略歴

2003年4月1日 九州大学医学部附属病院医員
2010年3月31日 九州大学大学院機能制御医学博士課程 修了
2013年10月1日 九州大学医学部附属病院臨床助教
2014年2月1日 九州大学医学研究院 次世代医療研究開発講座助教
2015年4月1日 杉野眼科医院 副院長
九州大学医学部附属病院特任助教
2017年11月20日 有田眼科 院長

Copyright © ARITA EYE CLINIC All Rights Reserved.

PAGE TOP