有田眼科

  • 文字サイズ

    標準
    拡大
  • お問い合わせ
    交通アクセス
  • ご予約は不要です
  • 092-707-2132
  • 目の病気について

    Disease

裂孔原性網膜剥離

心筋梗塞のような目の血流障害
裂孔原性網膜剥離とは、網膜に穴があき、そこから眼の中の水が網膜の下に入り込んで網膜が剥がれてしまう病気です。治療としては初期にはレーザー網膜光凝固で治療が可能である場合がありますが、剥離が進んでいる場合は手術が必要になります。初期は自覚症状がありませんので、網膜に穴が開いているかどうかは、自分では分かりませんが、眼の中に蚊のような黒いものが動いて見える( 飛蚊症) が初期症状の場合があります。網膜剥離が進行してくると視界の中に見えない箇所が出てきます。自然と治ることはありませんし、放置してしまうと眼の中にカサブタのような膜が張ってきて、治療が困難な状況になりますので、このような症状が現れた時は受診をお勧めします。

主な症状
黒いものがみえる 見えづらい など

Copyright © ARITA EYE CLINIC All Rights Reserved.

PAGE TOP